Adelphella babingtonii

Adelphella babingtonii

Adelphella babingtonii (Berk. et Br.) Pfister, Matočec et I. Kušan = Pachyella babingtonii (Berk. et Br.) Boud.
ミズベノクズダマタケ。5月29日撮影。

[特徴]
子実体は厚みのある円盤状。直径 4-8 mm.、子実層面は平滑で淡黄褐色ないし淡茶褐色、時にやや栗色を帯びる。 縁は半透明でやや白っぽく、無柄で底面は基質に広く固着する。全体が軟らかいゼラチン質で髄部は特に水っぽい。-- 子嚢は円筒形、有蓋、8胞子を1列に生じる。メルツァー試薬で子嚢全体が薄く青変するが、古い子実体では呈色しない場合も多い。280-380 × 15.0-18.8 μm. -- 側糸は糸状、径 3.0-4.0 μm. で隔壁がある。先端は棍棒状に膨らんで 12.0 μm. までになる。内容物は一様な淡褐色、あるいはやや細かい泡状。-- 子嚢胞子はたわら形で無色平滑、やや厚膜。細かい泡状の内容物に囲まれた2個の大きな油球がある。19.0-21.6 × 10.0-12.8 μm. -- 托髄層は直径 3-8 μm. の無色の菌糸からなるまばらな絡み合い菌組織。 外皮層はほぼ球形の細胞が数個連なって並ぶ。各細胞の直径は 25-60 μm. 程度。末端には 37-72 × 8-17 μm. のソーセージ形の細胞が付く事が多い。全体がゼラチン質に包まれる。

[コメント]
水辺の湿った広葉樹の朽木上に群生または散生し、厳寒期以外はほぼ年中発生する。比較的普通に見られる。 側糸は(先端細胞の)内容物が一様なものと細かい泡状の油球のものとが混在するが、前者のみの子実体も多い。 Pachyella babingtonii を基準種として Adelphella 属が創設された。

[別図2] 4月11日撮影。やや色の濃い子実体。子実層面の色は比較的変異が大きい。

[参考文献]
Breitenbach and Kränzlin (1984): Fungi of Switzerland. v. 1. Ascomycetes.
Pfister (1973): The psilopezioid fungi. IV. The genus Pachyella (Pezizales). (Canadian journal of botany ; 51. p. 2009-2023).
Pfister, Matočec and Kušan (2008): Integrated studies in the classification of the Pezizaceae : re-evaluation of the genus Pachyella with a new segregate genus Adelphella. (Mycologica Montenegrina ; 11, p. 7-17).

[初掲載日: 2004.06.25, 最終更新日: 2015.09.07]