Albotricha? sp.1

Albotricha? sp.1

Albotricha? sp.1
トガリケヒナノチャワンタケ類? 10月13日撮影。

[特徴]
枯れたイネ科植物の桿に群生する。 子嚢盤は有柄で椀形からやや平らに開くが縁は内屈したままの事が多い。直径 1.0-1.2 mm. 程度までになる。 子実層面はオフホワイトないし淡クリーム色、外面はわずかに黄色味を帯びる白毛に覆われる。 柄は細く、同色同様の毛に覆われる。長さ 0.5 mm. 程度まで。-- 子嚢はやや太めの円筒形、8胞子を束状に生じる。先端はやや円錐状、頂孔はメルツァー液で青変し微小な点状にみえる。74-100 × 8.4-9.2 μm. -- 側糸は直線的太針状、先は細くなり先端はやや丸い。無色薄壁。少数の隔壁があり、最大径 3.5 μm. まで、先端は子実層より 15 μm. 程突出する。-- 子嚢胞子は糸状でわずかに湾曲するものが多く、両端は丸いが末端側はわずかに細まる。無色薄壁。内容は泡状、最初は無隔壁だが成熟した胞子は3隔壁があるように見える。40-54 × 約 2.4 μm. -- 縁部の毛は無色薄壁、まばらに隔壁があり、表面は基部付近ではわずかに粗面だが大半の部分は平滑。先に行くに従い細まり先端は尖る。最長 150 μm. までになり基部付近で径 1.6-2.5 μm. -- 子嚢盤下半から柄にかけての毛は比較的短く、淡黄色のかさぶた状の物質によって合着するものがある。

[コメント]
ススキ (Miscanthus sinensis) の枯桿の根際近くに群生していたもの。平滑で先端の細まる毛などの特徴から Albotricha 属ではないかと思う。 Albotricha guangxiensis Zhuang はその計測値が非常に近く、良く似ている。

[参考文献]
Zhuang (1998): Discomycetes of tropical China. III. Hyaloscyphaceous fungi from tropical Guangxi. (Mycotaxon ; 69. p. 359-376)

[初掲載: 2006.12.12]