Armatella litseae

Armatella litseae

Armatella litseae (Henn.) Theissen et Sydow.
シロダモすす病菌。5月5日撮影。

[特徴]
シロダモ (Neolitsea sericea) の葉表面(時に裏面にも生じる)に菌叢が拡がる。 菌叢は黒色、ほぼ円形で径 3-8 mm.、時に互いに融合してさらに大きく拡がる。 菌糸は隔壁、分岐があり、黒褐色厚膜、直径 4.0-5.8 μm.、菌足を互生する。 菌足は有柄、黒褐色、指の短い手袋状で径 14.8-17.8 μm.、裂片は4-8 個で先端はやや截頭状、柄との間に隔壁がある。柄は長さ 2.5-5.6 μm. -- 偽子嚢殻は菌叢上に散生、あるいはやや同心円状に並ぶ。やや扁平な饅頭形で黒色、表面は低い凹凸があり、ざらついて見える。多数の子嚢を生じる。直径 230-280 × 高さ 200-220 μm. -- 子嚢は細卵形、短い柄があり、4胞子を生じる。48-68 × 22-32 μm. -- 側糸は多数、糸状で隔壁がある。径 2-3 μm. -- 子嚢胞子は中央付近がややくびれた長楕円形、平滑、殆んど無色か淡褐色を帯びる。2個の大きな油球と細かい泡状の内容物がある。 くびれより先端側がやや太く 34.2-40.6 × 12.0-14.8 μm.(細い方の短径は 10.1-12.0 μm.)

[コメント]
春から秋にかけて、シロダモ葉上に普通に見られる。 Armatella 属の子嚢胞子は典型的には隔壁を生じて2細胞になるが、この菌の子嚢胞子は成熟しても単細胞のままで隔壁を生じないようだ。

[参考文献]
Katumoto (1962): On the genus Artallendea Batista et Maia. (山口大学農学部学術報告 ; 13, p. 291-296).

[初掲載日: 2012.05.14, 最終更新日: 2014.10.11]