Ascobolus demangei

Ascobolus demangei

Ascobolus demangei Pat.
 地上性のスイライカビ属菌。9月25日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は群生し、無柄で基質にやや広く固着する。直径 3-5 mm. 程度。
 初めは椀形、のちにはほとんど平らに開いて皿状になる。
 子実層面はややオリーブ色を帯びた黄色からやや褐色になる。外面もほとんど同色で平滑。
 成熟すると子実層面は濃褐色になる。
 子嚢は棍棒形、基部は細くなり長く伸びる。8 胞子を初め一列に生じるがのち 2 列になって先のほうに固まる。
 膜にヨード反応は無いが、未熟な子嚢の内容物はヨードで赤紫色になる。220-255 × 23.0-29.2 μm.
 側糸は糸状、隔壁有り、径 3 μm. 程度で先端は 5.5 μm. までに膨らむ。内容物はほとんど無色ないしわずかに黄色。
 全体が黄色の粘質物に覆われる。
 子嚢胞子は広紡錘形、表面には縦に走る切れ切れの紫褐色の隆起が片面に十数本以上ある。隆起を除いて 20-24.6 × 11.4-12.0 μm.

 乾いた泥状の地表(干上がった水溜りか)に群生していたもの。Brummelen の記述とだいたい一致するが
 あまり採集例が無い種類らしいのでちょっと自信ないです。

 [参考文献]
  Brummelen (1967): A world-monograph of the genera Ascobolus and Saccobolus. (Persoonia ; suppl. v. 1)