Bisporella citrina

Bisporella citrina

Bisporella citrina (Batsch) Korf et Carpenter
 ビョウタケ。10月31日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は皿状ないし逆円錐形でほとんど無柄で基質に固着する。直径 1-3mm. 子実層面、外面とも鮮黄色。
 子嚢は円筒形、8胞子を初め一列に生じるが後には2列になって先に固まる。頂孔は I+ (小点状)。88-145 × 7.0-9.0 μm.
 側糸は糸状で先端はわずかに膨らみ、全体に一様な黄色の内容物がある。径 1.0-1.8 μm.
 子嚢胞子は楕円形、無色薄壁。両端に泡状の油球を少量含み、時に1隔壁を生じる。11.0-13.7 × 4.5-5.0 μm.

 秋に朽木材部上に群生する普通種。

 [参考文献]
 Breitenbach and Kränzlin(1984): Fungi of Switzerland. v. 1. Ascomycetes
 Dennis(1956): A revision of the British Helotiales in the Herbarium of the Royal Botanic Gardens, Kew, with notes on related European species. (Mycological papers ; no. 62)