Bryoscyphus conocephali?

Bryoscyphus conocephali

Bryoscyphus conocephali (Boyd) Spooner?
 ジャゴケの葉状体上に生じる小型のビョウタケ類。5月4日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤はほとんど無柄か短い柄があり、単生ないし少数が群生する。直径 1-2 mm.
 子実層面は初めほとんど白色、後にはくすんだ桃橙色になる。外面もほとんど同色で無毛。肉質は柔らかい。
 子嚢は円筒形、8胞子をほぼ2列に生じる。120-158 × 8.2-10.3 μm.
 頂孔は I-。(薄くヨード反応があるように見える子嚢もある。)
 側糸は糸状、隔壁がある。径 2.8-3.8 μm. ほとんど上下同幅で、上半には無色の油球状内容物がある。
 子嚢胞子は無色平滑で紡錘形。両端はやや丸く、緩やかに曲がって左右不対称から弓形になる。
 中央付近以外は細かな泡状内容物を含む。22.5-25.8 × 3.7-5.2 μm.
 托外皮層は無色薄壁のやや角形ないし球形菌組織よりなる。

 春にジャゴケ (Conocephalum conicum) 上に比較的普通に見られる。
 葉状体の褐変した部分に生じるので病原性があるのだろうと思う。
 B. conocephali は図鑑によると胞子は 18-21 × 5 μm. (Dennis), 16-20 × 4-5.5 μm. (Ellis and Ellis) とあり、
 ここに示したものは胞子がかなり長いが、ジャゴケに生えるという生態やそのほかの特徴は一致する所が多いので
 疑問符をつけてこの名前で整理しておく。

 [参考文献]
 Dennis (1956): A revision of the British Helotiaceae in the herbarium of the Royal Botanic Garden, Kew, with notes on related European species. (Mycological pepers ; no. 62)
 Ellis and Ellis (1998): Microfungi on miscellaneous substrates : an identification handbook. Enl. ed.