Bulgaria inquinans

Bulgaria inquinans

Bulgaria inquinans (Pers.: Fr.) Fr.
 ゴムタケ。5月15日撮影。

 [特徴]
 子実体は倒木上に房状に群生する。初めはほぼ球形のち倒円錐形や洋コマ形。直径 1-3 cm. で全体やや硬い寒天質。
 子実層面は頂部に初め小孔状、のち窪んだ皿状から平らに開きほとんど黒色。新鮮な時はつやがある。
 外面は茶褐色で濃色の鱗片が散在する。肉は厚く寒天質でほぼ無色だが褐色の霜降り状の模様がある。
 子嚢は円筒形、8胞子を生じるが大型の4胞子と小型の4胞子を生じるものが多い。小型胞子は普通2列になる。
 頂孔は I+(2つの点状)。110-180 × 9.0-12.5 μm.
 側糸は糸状、隔壁がある。径 1.0-2.0 μm. 先端は鞭状で屈曲する。
 上部(先端を除く)は黄褐色だが、側糸の外面に物質が付着して厚膜になっているように見える。
 子嚢胞子は大型の胞子は暗緑褐色。卵形ないし左右不対称で類三角形、1-3 油球を含む。11.5-13.6 × 5.7-6.8 μm.
 小型胞子はやや淡色。楕円形ないし卵型。7.1-8.7 × 4.0-4.6 μm.

 ブナ科の比較的新しい倒木に群生する。シイタケの榾木に発生する事も多い。
 胞子は大型小型どちらも発芽能力があるらしい。食用だと言うが試したことは無い。

 [参考文献]
 Breitenbach and Kränzlin (1984): Fungi of Switzerland. vol. 1.
 Dennis (1981): British Ascomycetes. Rev. ed.