Caloscypha fulgens

Caloscypha fulgens

Caloscypha fulgens (Pers.) Boud.
キチャワンタケ。3月26日撮影。

[特徴]
子嚢盤は半球形から浅い椀状に開き、縁は裂け目が入ることも多い。 直径 2-3 cm. 程度までのものが多いが、モミ林に発生する物はやや大型になる。肉質は脆い。 子実層面は黄色ないしオレンジ色で平滑だが中央付近は皺状になる事がある。 外面は白っぽい黄色でほぼ平滑。傷ついた部分や、触った所はゆっくりと青緑色になるが、外面全体が淡青緑色の子実体もある。 柄はほとんど無いか、あるいは表面が白黄色ないし淡青緑色で綿状の短い柄がある。-- 子嚢は円筒形、薄壁、先端には蓋があり、メルツァー液で呈色しない。8胞子をほぼ一列に生じるが、後には部分的に2列になって先端に固まる。120-160 × 8.0-12.0 μm. -- 側糸は糸状、隔壁があり基部付近で分岐する。径 2.0-2.8 μm. 程度で先端は膨らまない。一様な淡黄色の内容物あるいは黄色の小油球状物を含む。-- 子嚢胞子は球形で平滑。内容はほぼ一様で無色、直径 6.0-6.6 μm.、射出された胞子のまわりには無色透明、直径 10-11 μm. 程度の丸い被膜がある。-- 托髄層はほぼ無色で比較的疎な絡み合い菌組織、菌糸は薄壁、隔壁があり径 5-12 μm. 程度。外皮層は厚さ60-100 μm.、径 8-20 μm.の淡黄色の多角形細胞からなる。

[コメント]
早春から春にかけて針葉樹林内地上に散生する。上掲写真はスギの植林地内で撮ったものだが、マツやヒノキ、モミなどの樹下にも発生する。 それぞれ大きさや変色性にやや違いがあり、スギ生の子実体とモミ生のそれは肉眼的にはかなり違うが顕微鏡的には殆んど区別できない。 全て C. fulgens としているけれども、複数種に分けられるものかもしれない。

[別図2] スギ林地上生。早春にスギ林で発生するものは青変性が弱く、ほとんど青変しない場合もある。3月15日撮影。
[別図3] ヒノキ林地上生。4月16日撮影。
[別図4] モミ林地上生。やや大きく、直径 4-5 cm. までになり、やや深い椀状。4月28日撮影。
[別図5] こんな風に外面全体が青緑色を帯びる子実体も多い。モミ林内。4月3日撮影。

[参考文献]
Dennis(1981): British Ascomycetes. Rev. ed.

[初掲載日: 2005.03.26, 最終更新日: 2014.03.24]