Chlorociboria aeruginascens

Chlorociboria aeruginascens

Chlorociboria aeruginascens (Nyl.) Kanouse ex Ramamurthi, Korf et Batra subsp. aeruginascens
ロクショウグサレキンモドキ。8月6日撮影。


[特徴]
朽木上に散生、あるいは少数が束生する。子嚢盤は椀形あるいはうちわ形、径 2-6 mm.、 子実層面は青緑色、時に色むらがある。縁は全縁で波うつ場合が多い。 外面は青緑色、ほとんど平滑あるいはちりめん状の皺があり、ルーペ下では微粉状に見える。 柄は短く、普通は偏心生で時には側生する。子実体が束生する場合は、基部は黒褐色こぶ状になる。-- 子嚢は棍棒形、下半は細い。8胞子をほぼ2列に生じる。先端はやや肥厚し、頂孔はメルツァー試薬で青変する。55-63 × 4.8-5.6 μm. -- 側糸は糸状、下半に隔壁があり、径 1.0-1.2 μm.。先端はやや膨らみ、内容はほぼ一様。-- 子嚢胞子は長楕円形でやや左右不対称。無色、薄壁、両端近くに油球がある。5.7-9.0 × 1.4-1.9 μm. -- 托髄層は径 2-3 μm. の菌糸からなる絡み合い菌組織、外皮層は厚さ 50 μm. 程度、厚膜で淡青緑色の径 6 μm. 程度の膨らんだ短い細胞が密に絡み合う。 外面に薄壁、平滑なミミズ状ないしコイル状の毛状菌糸を生じる。径 2 μm. 程度、長さは 15 μm. までになる。

[コメント]
広葉樹と思われる朽木上に普通に見られる。子実層面が下を向いている事が多い。 いくつかの亜種が記載されているが、日本産のものは基準亜種とされている。 外面の毛状菌糸はかなり多いものからほとんど無いものまで変異が大きい。

[別図2] 9月23日撮影。

[参考文献]
Dixon (1975): Chlorosplenium and its segregates. II. The genera Chlorociboria and Chlorencoelia. (Mycotaxon ; 1(3), p. 193-237).

[最終更新日: 2015.12.15]