Chlorosplenium chlora

Chlorosplenium chlora

Chlorosplenium chlora (Schw.: Fr.) Curt.
 朽木生のビョウタケ類。1月15日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は群生する。浅い椀形からほとんど平らに開くが、縁はやや内屈するものが多い。直径 2-4 mm.
 子実層面は淡黄色だが後にはややオリーブ色から灰緑色を帯びる。
 柄はほとんど無いか非常に短い。外面は細かい皺状ないし微毛状で同色、基部付近は暗緑色を帯びる。肉質は比較的丈夫。
 子嚢は円筒形、8胞子を2列に生じる。頂孔は I+。50-60 × 5.1-5.8 μm.
 側糸は糸状、基部近くに隔壁がある。径 2.0-2.5 μm. で上下同幅。内容は一様な淡黄色。
 子嚢胞子は長楕円形でやや左右不対称。無色薄壁で平滑。7.6-8.8 × 2.0-2.6 μm. 両端近くに小さな油球状の内容物がある。
 托髄層は絡み合い菌組織、外被層はやや厚膜で緑褐色の丸みを帯びた多角形の細胞からなり、毛状菌糸がわずかに立ち上がる。

 様々な種類の朽木の材部に群生し、秋から冬にかけてもよく見られる。
 幼菌は鮮やかなクリーム色でよく目立つが子嚢胞子が成熟するのはかなり遅いようである。
 色の変化が大きく、様子の違うものもあるので近似種を混同しているかもしれない。

 [参考文献]
 Dixon (1974): Chlorosplenium and its segerates. I. Introduction and the genus Chlorosplenium. (Mycotaxon ; 1(2), p. 65-104)
 Nagao (2001): 自然教育園に発生した盤菌綱菌類. (自然教育園報告 ; 33, p. 31-39)