Ciboria batschiana

Ciboria batschiana

Ciboria batschiana (Zopf) Buchwald
 ドングリキンカクキン。10月11日撮影。

 [特徴]
 子実体は黒色に子座化したコナラのドングリから生じ、1個のドングリから 1-10 本ほど出る。
 有柄、椀形で後ほとんど平らに開く。直径 5-16 mm. 子実層面は平滑ないしわずかに皺があり、
 中央がへそ状に窪むことがある。淡褐色。外面もほぼ同色で平滑。
 柄はほとんど黒色、径 1-2 mm. ドングリが地中に埋れていると柄は長く伸び、45 mm. までになる。
 子嚢は円筒形、8 胞子を一列に生じる。頂孔は I+。110-135 × 5-8 μm.
 側糸は糸状、径 1.5-2.5 μm. 先端はわずかに膨らんで 3.0 μm. 程度になる。
 子嚢胞子は無色平滑、楕円形ないし卵型。7.6-9.2 × 5.0-6.0 μm.

 秋にコナラの樹下に発生する。時に足の踏み場も無いほど生えているのを見るが
 コナラ林ならどこにでも生えるというものでもなさそうだ。

 [参考文献]
 Dennis(1981): British Ascomycetes. Rev. ed.