Ciborinia gracilipes

Ciborinia gracilipes

Ciborinia gracilipes (Peck) Seaver.
モクレン類のキンカクキン類。3月13日撮影。

[特徴]
菌核は花弁に形成される。平たい押麦状、表面は黒褐色で内部は材木色。コブシ上のもので長径 3-6 mm. 程度、ホオノキ上のもので 5-10 mm. 程度。 一つの菌核から普通は1本、多い物では3本ほどの子実体が発生する。-- 子嚢盤は初め椀状、後にはほぼ平らに開き、さらにはやや凸形になる。直径 4-10 mm.。 子実層面は平滑、やや赤ないし紫色を帯びた淡褐色、平開後はやや淡色になり、きつね色。 縁は全縁でやや濃色に縁取られる事が多い。外面はほぼ平滑、柄に向って次第に濃色になる。 柄は直径 1 mm. 程度、黒褐色、次第に細くなって菌核に繋がるが、菌核が地中深い場合は長さは 3 cm. 以上に達する。-- 子嚢は円筒形、先端は肥厚して頂孔はメルツァー液で青変する。8胞子を一列に生じる。97-115 × 6.0-8.6 μm. -- 側糸は糸状、隔壁があり、分岐は認められない。直径 1.8-2.8 μm.、先端は僅かに膨らむ。殆んど無色あるいは淡赤褐色の内容物がある。-- 子嚢胞子は長卵形、無色、薄壁、平滑、8.5-11.4 × 4.0-5.4 μm.、両端に小さな油球がある。-- 子実下層は淡黄褐色、托髄層は直径 8-18 μm. の無色薄壁の菌糸からなる絡み合い菌組織、外皮層付近ではやや平行に走る。 外皮層は厚さ 60-100 μm.、ほぼ無色の角ばった球形細胞からなり、細胞の直径は 12-30 μm. 程度。最外層の細胞はやや褐色を帯びる。

[コメント]
モクレン類の花弁に形成される子座から発生する菌核菌類。 京都では3月末頃、コブシ (Magnolia kolus) やハクモクレン (Magnolia heptapeta) の樹下の地上に発生するが、 野生のコブシにも市街地に植栽されたコブシにも発生する。遅れて5月頃、ホオノキ (Magnolia obovata) の樹下に発生する。 共に発生時期は宿主の開花時期とほぼ一致する。 それぞれに顕微鏡的な違いは殆んど無いが、ホオノキ上の物のほうが菌核、子実体ともにやや大型である。 ホオノキの花弁はコブシのそれより肉厚なので大型になるのだろうが、子実体はやや赤みが強いものが多く、少し異なった印象を受ける。 画像は植栽されたコブシ樹下に発生していたもの。

[別図2] ホオノキ樹下のもの。5月19日撮影。
[別図3] ホオノキの花弁に形成された菌核。この菌核から子実体を発生させる事には失敗したが、C. gracilipes の菌核である事は間違いないと思う。7月28日撮影。

[参考文献]
Batra (1960): The species of Ciborinia pathogenic to Salix, Magnolia, and Quercus. (American journal of botany ; 47. p. 819-827).

[初掲載日: 2004.07.27, 最終更新日: 2012.06.11]