Coccoidea quercicola

Coccoidea quercicola

Coccoidea quercicola Hennings et Shirai.
カシ類の裏黒点病菌。5月18日撮影。

[特徴]
葉の裏面に子嚢子座を形成する。葉脈上にも、それ以外の部分にも発生する。葉には殆んど病変は認められない。 子座は薄いクッション状、直径 1.0-2.5 mm. 程度、厚さは 400 μm. 程度。 表面は黒色でつやは無く、ほぼ平滑でルーペ下では偽子嚢殻の凹凸が僅かに判別できるが孔口はめだたない。 裏面も黒色、ざらついた感じで中央に短い柄があり寄主組織内に繋がる。組織は黒褐色で厚膜の多角形細胞からなる。-- 偽子嚢殻は子嚢子座の上面表層下に数十個程度が一層に並ぶ。球形ないし楕円形、卵形など。170-200 × 120-200 μm.、多数の子嚢を生じる。-- 子嚢は長い卵形ないし棍棒形、厚膜で先端は特に厚くなるが特別な構造は認められない。8胞子をやや不規則な2列に生じる。71-77 × 15.7-17.2 μm. -- 子嚢とほぼ同長の無色の側糸状の細胞がある。径 2-3 μm. -- 子嚢胞子は楕円形ないし卵形、平滑、僅かに褐色を帯びる。一端に隔壁がある2細胞。大きな細胞は小さな2油球を含むものが多い。 小さな細胞は末端やや側方に傾いて付き、低い乳頭状。11.1-12.9 × 5.7-6.6 μm.

[コメント]
カシ類の葉裏面に発生する。冬から春にかけての時期に見つける事が多い。 どこにでもあるものでもなさそうだが、目の届くような低い所に発生していないだけかも知れない。

[参考文献]
Hennings, P. (1900): Fungi japonici. (Botanische Jahrbücher für Systematik, Pflanzengeschichte und Pflanzengeographie ; 28(3), p. 273-280).
植物病原菌類図説. 全国農村教育協会, 1992.

[初掲載日: 2011.06.14]