Coccomyces sp. no.1

Coccomyces sp. no.1

Coccomyces sp. no.1
ツバキの落葉に生じる小型の盤菌類。8月1日撮影。

[特徴]
落葉上の主に裏面に発生する。黒い帯線に囲まれて白くぬけた病斑中に群生する。 初めは黒色、ややつやのある3-6角形の平盤状で成熟すると上面が放射状に裂開して反り返り、子実層を現す。 子実層は半透明、くすんだクリーム色でややロウ質、平滑で凸形に盛り上がる。直径 0.7-1.0 mm. 程度。-- 子嚢は長円筒形、ヨード反応は見られない。基部は小さな球状に膨らむものが多い。8胞子を束状に納める。128-152 × 5.2-6.3 μm. -- 側糸は子嚢よりわずかに長く糸状、基部付近で分岐し隔壁がある。無色またはわずかに黄色味を帯びる。径 1.5 μm. 程度。先端は紡錘形や棍棒状に膨らんで 5.8 μm. までになる。 先端付近は無色のゼラチン状物質に包まれ互いに合着する。-- 子嚢胞子は糸状、隔壁は認められない。射出された胞子は緩やかに屈曲する。先端にはキャップ状の付属物があり釘頭状に見え、末端はやや尖る。全体が薄い被膜に覆われる。97.0-105 × 1.2 μm. 程度。

[コメント]
初夏から秋にかけてツバキの落葉上に発生し、京都付近では普通種である。 漂白された病斑の中には小型点状の柄子殻を伴う事が多い。 長尾氏が Coccomyces sp. として関東地方から報告している種と同じ種だと思う。氏によって Coccomyces nipponicum という学名が提唱されたが正式にはまだ発表されていないようだ。

[参考文献]
長尾, 吹春 (2002): 千葉県菌類誌 III. 子嚢菌類, 不整子嚢菌綱および盤菌綱. (千葉県立中央博物館自然誌研究報告特別号 ; 5, p. 111-132)

[初掲載: 2004.08.07; 最終更新: 2006.09.26]