Discina parma

Discina parma

Discina parma Breitenbach et Maas Geesteranus.
オオシトネタケ。4月21日撮影。

[特徴]
朽木上に単生あるいは少数が群生する。子実体は直径 3-7 cm.、不正な椀形から皿形になり、さらには凸型に反り返る。 子実層面は成熟すると波うって皺状になるものが多く褐色から赤褐色。 縁は全縁、外面は淡色でほとんど平滑、肉質はやや脆い。 中央に太くて短い柄がある。柄は乳白色から淡褐色、不明瞭な縦皺がありわずかに椀に向かって脈状に伸びる。-- 子嚢は円筒形、8胞子を一列に生じる。先端には蓋がありメルツァー液には呈色しない。325-400 × 22-28 μm. -- 側糸は糸状、隔壁があり時に分岐する。径 3.8-5.5 μm.、先端は膨らんで 10 μm. までになり、細かい褐色の内容物がある。-- 子嚢胞子は楕円形、成熟した胞子はやや黄色味を帯びる。中央に1個の油球があり、あるいは両側にも一個づつのやや小さな油球がある。 胞子表面には隆起した網目模様がある。網目は多角形で大きさは 0.6-2.5 μm.、網目の結合部はやや高く伸びて 1.0 μm. 程度になるが、 両端部では 3.0 μm. までに伸びて数本の刺状に見える。網目状突起を除いて 23.2-28.6 × 11.5-12.9 μm. -- 托組織はほぼ一様な絡み合い菌組織で直径 20 μm. までの無色薄壁の菌糸よりなる。表面近くでは細めの菌糸がやや密に絡み合うが髄層との境界は不明瞭。

[コメント]
春、主に広葉樹(ブナ科)の朽木に発生するが、マツの朽木にも発生する事もある。 いくつかの図鑑には子嚢胞子が図示されていて、両端には網目とは別に刺状突起が有るように描かれているものがあるのだが (原記載に添えられた子嚢胞子の図も一部そのように描かれている) 観察した限りでは網目の結合部が高く伸びて刺状になっていて、網目から独立した刺状突起は認められない。 井口氏によって付けられた名前はオオナミシトネタケ。

[別図2] 子嚢胞子は成熟が遅く、かなり大きな子実体を採集しても子嚢が未熟なことがある。 写真の子実体は4月に見つけたものだが、子嚢胞子の成熟を待っているうちに周辺部にカビが生えてしまった。5月19日撮影。

[参考文献]
Breitenbach and Maas Geesteranus (1973): Eine neue Discina aus der Schweiz. (Proceedings of the Koninklijke Nederlandse Akademie van Wetenschappen, Series C. Biological and medical sciences ; v. 76(1), p. 101-108).
Iguchi (1988): Note on Discomycetes in eastern Japan. 1. The genus Gyromitra. (Bull. Saitama Mus. Nat. Hist. ; no. 6, p. 21-26).

[初掲載: 2009.06.01, 最終更新日: 2016.05.12]