Geoglossum glutinosum

Geoglussum glutinosum

Geoglossum glutinosum Pers.
ナナフシテングノハナヤスリ。6月28日撮影。

[特徴]
子実体は細棍棒形や円筒形、平滑で全体黒褐色ないしほとんど黒色、肉質は軟らかい。高さ 2-4 cm.。 上半部 (全長の 1/2 - 1/3)に子実層があり、柄との境界はやや不明瞭。 子実部はやや太まり、径 4 mm. 程度までになる。柄は同色あるいはやや淡色、湿時粘性がある。-- 子嚢は細円筒形で薄壁、下半はやや細く伸び、先端は肥厚して頂孔はメルツァー液で青変する。8胞子をほぼ二段に生じる。200-270 × 13.8-18.2 μm. -- 側糸は糸状、隔壁があり、径 2.0-2.8 μm.、先端付近は淡褐色、先端は棍棒状あるいは球状に膨らんで 9 μm. 程度までになる。 先端付近で緩やかに屈曲するものが多い。-- 子嚢胞子は円筒形、褐色平滑、わずかに曲がるものが多い。両端は丸いが、末端はやや細まる。 ほぼ等間隔に7隔壁を生じるが、3隔壁の胞子も見られる。66-90 × 4.5-5.8 μm. -- 柄の表面からは側糸とほぼ同様の菌糸が立ち上がり、厚さ 200 μm. 程度のほぼ無色のゼラチン層に包まれる。

[コメント]
春から秋にかけて林内地上に単生あるいは散生する。柄の部分は著しく粘性を帯びるので砂粒等が附着している事が多い。 側糸先端は膨らむタイプが多いが、やや子実体が大型で側糸先端がほとんど膨らまないタイプがある。変異なのか近似の別種なのかわからない。 写真にあげたものは先端が膨らむタイプのもの。

[参考文献]
Imai (1941): Geoglossaceae Japoniae. (Journal of the Faculty of Agriculture, Hokkaido Imperial University ; 45(4). p. 155-264).
Spooner (1987): Helotiales of Australasia. (Bibliotheca mycologica ; Bd. 116).

[初掲載: 2004.10.10; 最終更新: 2008.07.23]