Gnomonia megalocarpa

Gnomonia megalocarpa

Gnomonia megalocarpa (Hino et Katumoto) T. Kobayashi.
グノモニア属菌。6月22日撮影。

[特徴]
子嚢殻は前年の落葉組織中に埋没して生じ、散生あるいはやや群生する。球形ないし扁球形、直径 420-530 μm.、黒褐色。 頸部は落葉の上面側を突き破って突出して長く伸び、肉眼では剛毛状、ほぼ黒色、長さ 850-1500 μm.、基部付近で径 60-80 μm.、先端に向かって次第に細くなる。 子嚢殻は非常に多くの子嚢を生じ、成熟した子嚢は子嚢殻内部に遊離し充満する。-- 子嚢は紡錘形、先端は肥厚して小さく突出し、末端は柄となって細く伸びて尾状、48-54 × 9.0-11.5 μm.。 先端にはメルツァー液に呈色しない先端リングが2個の点状に見える。8胞子を束状に生じる。-- 側糸は認められない。-- 子嚢胞子は長紡錘形、無色薄壁、直線状あるいはわずかに弓状になる。両端はやや尖り、成熟した子嚢胞子は中央に隔壁を生じて2細胞となる。隔壁部は括れない。 両端付近と隔壁近くに小さな油球が少数ある。付属糸は認められない。22.8-25.8 × 1.7-2.2 μm.

[コメント]
落葉はクヌギだと思う。初夏から夏にかけて比較的普通に見つかる。

[参考文献]
Kobayashi (1970): Taxonomic studies of Japanese Diaporthaceae with special reference to their life-histories. (林業試験場研究報告 ; 226, p. 1-241).

[初掲載日: 2013.07.01]