Helvella elastica

Helvella elastica

Helvella elastica Bull.: Fr.
アシボソノボリリュウ。9月8日撮影。

[特徴]
子実体は地上に孤生あるいは少数が群生する。子実層のある頭部と柄からなる。 頭部は典型的には鞍形だが不規則に膨らんだり押し潰されたようになっている場合が多い。 直径 1-3 cm. で厚さは 1.5 mm. 程度。子実層面は平滑、薄いねずみ色や淡黄褐色、黄土色など比較的変異が大きい。 縁は全縁で互いに接した部分は癒着する場合があるが、普通は柄とは癒着しない。裏面は白っぽく、平滑。 柄は中心生で円柱形だがところどころ押しつぶされたようになる事もある。ほとんど平滑ないしわずかに粉状でクリーム色から淡黄土色。 内部は乳白色で髄状。直径 3-5 mm.、高さは 10 cm. を超えることもあるが普通は 5-6 cm. 程度。-- 子嚢は円筒形、薄壁、先端には蓋があり、メルツァー液で呈色しない。8胞子を一列に生じる。280-340 × 17-23 μm. -- 側糸は糸状、隔壁があり無色。径 3-4 μm.、先端は次第に膨らんで 7-8 μm. になる。-- 子嚢胞子は広楕円形、無色、平滑。中央に大きな油球が一つと両側に細かい泡状物が少数ある。20.8-21.8 × 12.0-13.8 μm. -- 子嚢盤裏面の最外層は無色薄壁の棍棒状や電球形の細胞が柵状に並ぶ。

[コメント]
夏から秋にかけて林内の地上などに発生する。石灰質土壌に生えるものは紫色を帯びるという。掲載したものは庭園に発生したもので少し若い子実体。
京都近郊では比較的少ないようである。

[参考文献]
Dennis (1981): British Ascomycetes. Rev. ed.
Dissing (1966): The genus Helvella in Europe with special emphasis on the species found in Norden. (Dansk botanik arkiv ; 25(1). p. 1-172)

[初掲載日: 2007.01.15, 最終更新日: 2013.09.06]