Helvella leucomelaena

Helvella leucomelaena

Helvella leucomelaena (Pers.) Nannf.
カバイロサカズキタケ。3月29日撮影。

[特徴]
子実体は地上生、単生あるいは少数が群生する。 幼時は上部に小さな穴のある壷状、後に深い椀形から縁部が浅い星状に裂けて小さく反り返る事もあるが平らには開かない。直径 1.5-4.0 cm.。 子実層面は灰褐色から茶褐色、平滑、外面は微粉状、上半は子実層面とほぼ同色かやや淡色、下半は白っぽく、基部付近ではほぼ乳白色。 柄は短く、時にはほとんど無いこともある。白色で縦に深い切れ込みのある畝状になり地中に入る。肉は白く、比較的硬いが脆い。-- 子嚢は円筒形、8胞子を一列に生じる。メルツァー液で呈色せず、基部は分岐しない。280-370 × 14-18 μm. -- 側糸は糸状、2.5-3.6 μm.、隔壁があり先端はやや膨らんで 7.0 μm. までになり無色あるいは淡褐色の泡状内容物がある。-- 子嚢胞子は広楕円形、無色平滑。大きな油球が中央に一つあり、小さい油球が両側に少数ある。20.2-23.6 × 12.0-14.2 μm. -- 托組織髄層は密な無色の絡み合い菌組織、径 2-7 μm. の菌糸よりなる。外皮層との境界は不明瞭。 外皮層は厚さ 180-240 μm. 程度、楕円、長円形などの無色の細胞の連なりからなり、所々で房状になって立ち上がる。

[コメント]
春にマツの樹下の裸地やコケのまばらに生えた所に発生する。比較的普通種だと思う。

[別図2] 3月27日撮影。

[参考文献]
Abbott and Currah (1997): The Helvellaceae: systematic revision and occurrence in northern and northwestern North America. (Mycotaxon ; 62. p. 1-125).
Dissing (1966): The genus Helvella in Europe with special emphasis on the species found in Norden. (Dansk botanik arkiv ; 25(1). p. 1-172).

[初掲載: 2004.07.05; 最終更新: 2009.04.02]