Humaria velenovskyi

Humaria velenovskyi

Humaria velenovskyi (Vacek) Korf et Sagara
 イバリスズメノワン。10月11日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は地上、枯葉上などに散生する。初め椀状のちほとんど平らな皿状に開く。柄は無く、直径 4-8 mm.
 子実層面は乳白色ないし灰色を帯びたクリーム色。外面も同色で褐色の剛毛がまばらに生えている。
 子嚢は円筒形で基部は叉状、8 胞子を一列に生じる。165-186 × 11.2-14.3 μm.
 側糸は糸状、隔壁がある。径 2.5-3.0 μm. 先端は膨らんで 5 μm. までになり、無色の泡状油球を含む。
 子嚢胞子は楕円形で無色、表面には細かな疣がある。疣を除いて 6.0-7.7 × 14.0-14.9 μm.
 疣は短径片面で 7-10 個程度で、高さは 0.5 μm. 程度。両端付近の疣はやや高めに見える。
 外面の剛毛は褐色厚膜で表面の球形細胞から生じる。縁付近と基部近くでは若干異なる。
 縁付近のものは 300-400 × 22-30 μm. で基部は急に太まり、先はややとがり、数個の隔壁がある。
 基部付近のものは 74-92 × 18-23 μm. で先は丸く、2-3 個の隔壁がある。

 尿素などを撒くと発生するアンモニア菌の仲間。
 自然状態で見つけることは滅多にないが、実験的に尿素を撒くと様々な環境で発生する。

 [参考文献]
 Korf and Sagara(1972): Japanese Discomycete notes XVIII. Humaria velenovskyi comb. nov. (Pyronemaceae, Mycolachneeae). (Phytologia ; 24(1), p. 1-4)