Hymenoscyphus sp. no.2

Hymenoscyphus sp. no.2

Hymenoscyphus sp. no.2
 広葉樹の落葉上に生じる小型白色のビョウタケ類。落葉はシデ類 (Carpinus sp.) と思う。9月3日撮影。

 [特徴]
 子実体は落葉の主に裏面葉脈上に生じる。有柄で浅い皿状。全体ほとんど白色。直径 1 mm 程度。
 柄は細く無毛、高さ 1 mm 程度。
 子嚢は先がややとがる円筒形、8胞子を二列に生じる。頂孔は I+。78-92 × 8.5-10 μm.
 側糸は糸状。無色で上下同幅、径 2.0-2.5 μm.
 子嚢胞子は紡錘形、左右不対称。頭部は折れ曲がり尾部は細まる。
 無色薄壁で大きい油球が2個と細かい油球が数個ある。15.0-17.8 × 4.0-5.5 μm.

 広葉樹の落葉には似たような小型のビョウタケがよく発生する。
 Hymenoscyphus caudatus (Karst.) Dennis 等が近いと思うが種レベルの同定は素人には難しい。

 [参考文献]
 Dennis(1981): British Ascomycetes. Rev. ed.