Hymenoscyphus sp. no.8

Hymenoscyphus sp.

Hymenoscyphus sp. no.8.
落葉上のビョウタケ類。10月20日撮影。

[特徴]
広葉樹の落葉裏面の葉脈に沿ってやや群生する。肉厚の倒円錐形で子実層面はほとんど平らか中央がやや盛り上がる。 全体やや透明感のある乳白色で表面は平滑。直径 2.0-3.5 mm. 柄はほとんど無く、基部付近はやや黒褐色を帯びる。-- 子嚢は円筒形、8胞子を初め一列に生じるが後には2列になって先に固まる。 先端は肥厚し頂孔はメルツァー液で小さく青変するがやや弱い。77-83 × 8.2-8.6 μm. -- 側糸は糸状、基部付近に隔壁があり内容は無色。ほぼ上下同幅で 2.0-2.5 μm. -- 子嚢胞子は長楕円形で無色薄壁、時に左右不対称、中央付近が少しくびれて繭状になる物も多い。2油球を含む。12.0-14.8 × 3.4-4.3 μm. -- 托髄層は錯綜菌組織、外皮層は厚さ 100 μm. 程で無色の矩形菌組織よりなる。

[コメント]
アベマキと思われる落葉に発生していたもの。秋に多く見かける。Hymenoscyphus sp. no.6 と同種かも知れないが、 やや透明感があるのと胞子が大きめな事で区別できるので分けておく。

[初掲載: 2007.04.23]