Hypocrea peltata

Hypocrea peltata

Hypocrea peltata (Jungh.) Berk.
オオボタンタケ。7月10日撮影。

[特徴]
朽木上に単生あるいは少数が群生する。子座は直径 1-4 cm.、不正な肉厚の盤状あるいは楯状、縁はやや波うって反り返る。 表面は淡肉色からやや黄色味をおびた淡赤褐色で時につやがある。殆んど平滑でルーペ下では子嚢殻の孔口が濃色の細点状に見えるが殆んど突出しない。 内部は白色でかなり丈夫な肉質。肉厚は 3-8 mm. になる。 裏面は汚クリーム色、やや放射状の不規則な皺があり中心は短い柄状になって基質に固着する。-- 子嚢殻は表面下に一層に並んで形成される。縦長の亜球形ないし楕円形、 240-310 × 210-250 μm. -- 子嚢は円筒形、短い柄がある。16胞子を1列に生じる。91-100 × 4.0-5.2 μm. -- 側糸は認められない。-- 子嚢胞子は大型の胞子と小型の胞子の2型がある。ともに無色で殆んど平滑あるいは微細な疣がまばらにあり、少量の小さな油球を含む。 それぞれが一子嚢中に8個あり、4個づつのグループになって並ぶ。 大型の胞子は楕円形ないし卵形、4.0-5.2 × 2.8-3.6 μm.。小型の胞子はほぼ球形、径 2.2-3.0 μm.。胞子紋は白色でわずかにピンク色を帯びる。-- 子座組織は無色で厚膜の菌糸からなる絡み合い菌組織。

[コメント]
比較的新しい、コナラ?の朽木に生じていたもの。 子嚢胞子が大小2型あるのが特徴の一つ。子嚢内で4個づつのグループになって並ぶが、 並び方は子嚢先端側から [大4-小4-大4-小4]、 [小4-大4-小4-大4] のどちらもあり、 [小8-大8] や [大8-小8] 等他のパターンもある。
オオボタンタケの和名は H. cerebriformis (H. grandis)に対しても使われるが、 安田篤が大正6年に H. peltata の異名 H. mesenterica に対して (菌類雑記 69)「オホボタンタケ」の名を与えている。

[参考文献]
Doi (1972): Revision of the Hypocreales with cultural observations. IV. The genus Hypocrea and its allies in Japan (2). Enumeration of the species. (Bull. Nat. Sci. Mus. Tokyo ; 15(4), p. 649-751).

[初掲載日: 2011.07.29]