Hypoderma sp. no.1

Hypoderma sp.

Hypoderma sp. no.1
 アセビの落葉上に発生するもの。8月29日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は単生、落葉の両面に発生するが、比較的裏面に多い。
 黒褐色の帯線に囲まれた淡色の病斑中に群生する。平たい広紡錘形ないし楕円形で黒色。長径 1 mm. 未満。
 中央に縦溝があり成熟するとスリット状に開いて子実層面が現れる。子実層面は淡灰色に見える。
 子嚢は長紡錘形で長い柄があり、8胞子を束状に生じる。頂孔は I-。90-132 × 10.0-12.5 μm.
 側糸は糸状、隔壁は不明瞭。径 2.0 μm. 程度で先端はやや膨らんで 3.0 μm. 程度までになる。子嚢より長く上半は曲がりくねる。
 子嚢胞子は無色薄壁、長楕円形でやや曲がる。2-4個の油球を含み不明瞭な被膜がある。20.0-25.0 × 3.5-4.6 μm.

 アセビ (Pieris japonica) の落葉に良く発生している。
 病斑中には褐色ないし黒褐色の円盤形の柄子殻が散在する。直径 0.3 mm. 程度。2 μm. 程の楕円形の分生子が見られる。
 Hypoderma の不完全世代だと思う。