Incrucipulum ciliare

Incrucipulum ciliare

Incrucipulum ciliare (Fr.) Baral = Lachnum ciliare (Fr.) Rehm.
フトゲヒナノチャワンタケ。10月3日撮影。

[特徴]
子嚢盤は散生あるいは少数が群生する。椀状からほぼ平らな盤状に開き直径 0.8 mm. 程度まで。子実層面はクリーム色あるいはほとんど白色。 縁はやや内屈し白色の毛がある。外面も同色の毛で覆われる。柄は細く、高さ 0.4 mm. 程度まで。-- 子嚢は棍棒形、8胞子をほぼ2列に生じる。頂孔はメルツァー液で青変する。71-83 × 7.4-8.3 μm. -- 側糸は太針状、無色、基部付近には隔壁がある。先端はやや尖り 5 μm. ほど子嚢より突出する。径 2.2-2.8 μm. -- 子嚢胞子は長紡錘形で左右不対称、無色。一列に油球を含むものが多い。20.0-24.8 × 2.5-2.9 μ. -- 托髄層は絡み合い菌組織、外皮層は矩形菌組織よりなる。外面の毛は表面細胞より生じ無色、少数の隔壁があり表面は細かい顆粒状、基部付近で径 4-6 μm.、 先端に行くに従いやや細くなるが先端は丸く時にマッチ棒状に膨らみ、無色の結晶塊をつける。長さ 100-128 μm. までになる。

[コメント]
クヌギと思われる落葉に生じていたもの。葉の両面に発生するが葉脈上に生じるものが多い。 子嚢や子嚢胞子の測定値は図鑑類に示されている値よりやや大きめである。

[参考文献]
Otani (1967): Notes on some cup fungi of the Hyaloscyphaceae collected in Hokkaido, Japan. (Trans. mycol. Soc. Japan ; 8(2). p. 33-42).

[初掲載: 2009.10.21]