Ionomidotis? sp. no.1

Ionomidotis? sp. no.1

Ionomidotis? sp. no.1
 朽木に生じる小型のビョウタケ類。7月28日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は群生する。肉薄で椀形ないし深めの皿形。縁はやや内側に巻き、細かな鋸歯状になる事もある。
 子実層面はからし色で古くなると黄褐色になる。外面は細かな鱗片状になり、ほぼ同色。直径 2-5 mm.
 肉質はかなり丈夫。短い中心性の柄がある。
 子嚢は棍棒形、8胞子をほぼ二列に生じる。頂孔は I-。40-50 × 5.0-6.2 μm.
 側糸は糸状、ほとんど上下同幅、径 1.5-2.0 μm.
 子嚢胞子は無色薄壁、楕円形ないしやや曲がってソーセージ形。両端に小さな油球がある。4.0-5.8 × 1.8-2.3 μm.
 子実体は KOH 溶液中で濃い紫褐色の色素を溶出する。

 広葉樹の比較的新しい倒木に群生する。Ionomidotis 属だろうと思う。