Ionomidotis? sp. no.2

Ionomidotis? sp. no.2

Ionomidotis? sp. no.2
 倒木に生じるやや大型のビョウタケ類。7月28日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は群生、肉厚の皿状ないしこま状で直径 4-20 mm. 全体やや硬いコルク質。
 子実層面は茶褐色/肉桂色、縁は初め内側に巻く。外面はほぼ同色ないしやや濃色で粒状/ざらついた感じ。
 柄は短く、共通の柄から複数の子嚢盤が出ることもある。
 子嚢は円筒形、8胞子を一列に生じ、頂孔は I-。90-126 × 5.5-6.3 μm.
 側糸は淡黄褐色で糸状、径 2.0 μm. 程度で先端はやや膨らんで 3.5 μm. までになる。
 子嚢胞子は楕円形ないし卵型でやや左右不対称。無色薄壁で内容は泡状。8.6-12.0 × 3.4-6.0 μm.
 托外皮層は褐色の円形/多角形組織よりなり、切片は KOH溶液中で紫褐色の色素を出す。

 夏から秋にかけて、倒木に群生する。ionomidotic で、コルク質なので Ionomitodis 属だろうと思う。