Lachnum abnorme

Lachnum abnorme

Lachnum abnorme (Mont.) Haines et Dumont
朽木上の小型菌。5月14日撮影。

[特徴]
子嚢盤は有柄、初めはほぼ球形、椀形からほぼ平らな皿状に開くが、縁は内屈する。直径 1.2-2.5 mm.。子実層面は平滑で淡黄色からやや橙色を帯びることもある。 外面は白っぽく、毛に覆われる。毛は縁近くではほとんど白色だが下面から基部にかけては淡褐色を帯びる。柄は短く、褐色の毛に覆われる。-- 子嚢は円筒形、先端はやや尖り頂孔はメルツァー液で青変する(小さい点状)。8胞子を束状に生じる。97-126 × 8.3-11.2 μm. -- 側糸は直線的太針状、最大径 2.8 μm. 程度。内容は無色で一様で基部付近に隔壁がある。子嚢よりわずかに突出する。-- 子嚢胞子は糸状、緩やかに曲がって弓状やS字状になり末端はやや尖る。無色薄壁でまばらに泡状物を含む。 初めは明瞭な隔壁を認めにくいが成熟すると7隔壁を生じるようである。54-68 × 1.8-2.2 μm. (射出された胞子は曲がっていて全長の測定が難しいので子嚢内での胞子の測定値)-- 托組織髄層は絡み合い菌組織、外被層は矩形菌組織で厚さ 30 μm. 程度。毛は表面から生じ、直径 3.3-4.2 μm. で表面は粗面、隔壁があり先端は丸い。 曲がりくねって互いに絡み合い最大長 140 μm. になる。 下面から基部近くの毛はやや粗い淡褐色の結晶状の物質をつけるが、時に内容物も淡褐色に見えるものがある。

[コメント]
春に倒木や地上の朽木に群生する。胞子が文献の値よりも若干大きいが、他の特徴は L. abnorme に一致する。 各種の朽木上に発生しているが、かんきつ類の幹腐病菌でもある。

[参考文献]
Haines and Dumont (1984): Studies in the Hyaloschypaceae III. the long-spored, lignicolous species of Lachnum. (Mycotaxon ; 19, p. 1-39)

[初掲載: 2007.08.01]