Lachnum longispineum

Lachnum longispineum

Lachnum longispineum Hosoya et Issh. Tanaka.
ヒナノチャワンタケ属菌。9月13日撮影。

[特徴]
子嚢盤はやや群生する。半球形から浅い椀状に開き、ワイングラス形になる。直径 0.3-0.4 mm. 程度。 子実層面は白色あるいは淡クリーム色。外面は白色、長いガラス様の毛に覆われ、特に縁部付近からは長い毛がまつげ状に伸びる。 柄は細く高さ 0.3 mm. 程度までになり同様の毛に覆われる。-- 子嚢は長棍棒形、8胞子を2列に生じる。メルツァー液に呈色しない(あるいは頂孔がわずかに青変し小さい点状に見える場合もある)。54-66 × 5.6-6.3 μm. -- 側糸は直線的な糸状あるいは太針状、隔壁は認めにくい。径 1.5 μm. 程度、先端は子実層より突出せず、全体同幅あるいは先端がやや細くなる物が多い。-- 子嚢胞子は長紡錘形、無色、やや左右不対称、10.8-14.2 × 2.1-2.8 μm.、一列に少数の油球を含む。-- 托髄層は絡み合い菌組織、外皮層は矩形菌組織で、やや厚膜な無色の細胞からなる。-- 外面の毛は表面細胞より生じ、直線状、無色、厚膜、比較的多くの薄い隔壁がある。 表面は細かな顆粒状。先端は丸く、無色あるいはわずかに黄色く見える結晶状物質が附着する。 300-500 × 5.7-11.5 μ.。柄表面の毛は長さは 100 μm. 程度までで先端の結晶状物質は見られないことが多い。

[コメント]
ネジキの落葉上に特異的に発生する微小なビョウタケ類。ネジキの落葉を湿室に入れると発生する事がある。

[参考文献]
Tanaka and Hosoya (2001): Hyaloscyphaceae in Japan (4): new records of the genus Lachnum. (Mycoscience ; 42, p. 597-609).

[初掲載: 2008.10.20]