Lambertella? sp. no.1

Lambertella sp. no.1

Lambertella? sp. no.1.
ツバキの落葉上に生じるキンカクキン類。8月6日撮影。

[特徴]
ツバキの落葉上に群生する。子実体は皿形からのち子実層面はやや凸形になる事もある。直径 0.7-2.0 mm.。 子実層面はベージュ色からややオリーブ色を帯びた灰褐色になる。 縁は全縁で、外面は濃色、無毛だがルーペ下では微粉状あるいは細かい鱗片状に見える。 柄は短く、基部付近では殆んど黒色。長さは 1 mm. 未満。-- 子嚢は円筒形、8胞子を初めは1列に生じるが、後には2列になる。先端は肥厚し、頂孔はメルツァー液で青変する。88-100 × 7.0-8.6 μm. -- 側糸は糸状、1.5-2.5 μm.、ほぼ上下同幅で、ほとんど無色あるいは淡黄色の一様な内容物がある。-- 子嚢胞子は広紡錘形あるいは楕円形、薄壁で平滑、やや左右不対称、内容物は大きな2油球がめだつ。 子嚢内では無色だが、射出された胞子は後に淡褐色になり油球は不明瞭になる。10.2-12.8 × 4.5-5.6 μm. -- 托組織髄層は無色薄壁の絡み合い菌組織で、径 8-15 μm. のソーセージ形の細胞からなる。 外皮層との境界部には厚さ 50 μm. 程度の淡褐色を帯びたやや平行に走る径 3-6 μm. の菌糸の層がある。 外皮層は厚さ 120 μm. 程度まで、やや斜めに走る淡褐色の多角形の細胞からなる。各細胞は 20-30 × 8-15 μm. 程度。 最外層の細胞からは、棍棒状の菌糸がまばらに立ち上がり、時に房状になる。 厚膜で隔壁は 0-1 個、径 5-6 μm.、長さは 15-25 μm. 程度で先端はややまるく膨み、表面にまばらに褐色の不定形の顆粒を付ける事がある。

[コメント]
夏季、ツバキ(Camellia japonica)の落葉に発生しているのを良く見かける。

[別図2] 6月27日撮影。

[初掲載日: 2004.08.10, 最終更新日: 2010.11.16]