Lambertella? sp. no.2

Lambertella sp. no.2

Lambertella? sp. no.2
アオキの枯葉に生じるキンカクキン類。9月5日撮影。

[特徴]
枯葉の両面に発生する。子実体は有柄ビョウ形でやや肉厚。縁はやや内屈するが後には平らになる。 子実層表面は肉色からやや黄褐色からオリーブ色を帯びる。直径 1.5-4.0 mm. 外面は白っぽく無毛。柄も同色、短く比較的太いが基部は黒ずみ、急に細くくびれるものが多い。-- 子嚢は円筒形、8胞子をほぼ一列に生じるが後には2列になって先に固まる。 先端はメルツァー液でわずかに小さく青変するか、もしくはほとんど青変しない。102-120 × 11.2-17.1 μm. -- 側糸は糸状、基部付近で分岐し隔壁がある。ほぼ無色で先端はほとんど膨らまない。径 2-3 μm. -- 子嚢胞子は左右不対称の卵形ないしやや豆形。大きな2油滴と多くの小油滴を含むが後には細かい泡状または全体に不明瞭となる。 子嚢中ではほとんど無色で平滑だが、のちには褐色を帯び、表面は皺状になる。13.2-14.9 × 5.7-6.9 μm. -- 托組織髄層は淡黄褐色の菌糸からなる絡み合い菌組織。菌糸は径 3 μm. 程度、やや表面が粗造に見えるものがある。 外被層は厚さ 30 μm. 程度の丸みを帯びた多角形菌組織で、ほぼ無色の直径 5-10 μm. 程度の細胞からなる。 最外層の細胞からは乳頭状の突起が伸びるものがある。

[コメント]
夏から秋にかけてアオキ (Aucuba japonica) の枯れた葉に生じる。落葉にも発生するが、枝についたまま立ち枯れて黒変した枯れ葉にも多く発生している。 Korf が Japanese discomycetes notes III. で Lambertella brunneola (Pat.) LeGal としているものと同じだと思うが、 Dumont によると L. brunneola とは別種であるという。

[別図2] 10月7日撮影。

[参考文献]
Dumont (1971): Sclerotiniaceae II. Lambertella. (Memoirs of the New York Botanical Garden ; 22(1), p. 1-178).
Korf (1958): Japanese discomycetes notes III, on a species of Lambertella (Sclerotiniaecea). (Sci. rep. Yokohama Nat. Univ. ; II (7), p. 17-18).

[初掲載: 2004.09.12; 最終更新: 2006.12.04]