Lambertella torquata

Lambertella torquata

Lambertella torquata Zhuang.
小型のキンカクキン類。6月24日撮影。

[特徴]
地上の枯茎上に少数が群生する。子嚢盤は浅い椀形から肉厚の皿状になり直径 2 mm. まで。 子実層面は淡茶褐色、縁は全縁、外面はやや明るい黄褐色で無毛。柄は短くて同色、基部付近は黒っぽい。-- 子嚢は円筒形、8胞子をほぼ2列に生じる。先端はやや円錐形に尖って肥厚し頂孔はメルツァー液で青変する。154-169 × 11.5-17.8 μm. -- 側糸は糸状、1.5-2.0 μm.、先端は次第に膨らんで 2.0-2.5 μm. になり淡黄褐色の内容物がある。-- 子嚢胞子は流線型で先端は丸く末端は尖る。やや屈曲して左右不対称、薄壁平滑、ほとんど無色(後に僅かに褐色を帯びて見える)、内容物は泡状。 末端に無色の小さな盃状の付属物がある。37-46 × 7.7-8.6 μm.、付属物は径 2 μm. 程度。-- 托組織髄層は径 2-3 μm. のほぼ無色の絡み合い菌組織、外皮層近くではほぼ平行に走る。 外皮層は厚さ 40-50 μm. までの矩形菌組織で、ほぼ無色(最外層ではやや黄褐色)の丸みを帯びた径 10 μm. までの細胞よりなる。 組織にゼラチン化している部分は見られない。外面には径 5-6 μm. までの菌糸が走る。 菌糸は隔壁があり内容物は一様な淡黄褐色で先端は丸く、僅かに立ち上がる。表面にはまばらに黄褐色の結晶様の物質が付着する。

[コメント]
地上の細い枯茎に発生していたもの。枯茎は長いつる状で表面に粗毛がある。近くにはアオツヅラフジ (Cocculus orbiculatus) があったのでその枯茎だと思う。 子実体基部付近の基質は黒ずむが明瞭な子座は認めにくい。 末端に付属物を持つ大きな子嚢胞子は特徴的で、Zhuang が安徽省黄山の草本性植物の茎上から記載した Lambertella torquata と良く一致する。 (ただし子嚢胞子は放出後淡褐色になり3隔壁ができるという。今回採集したものは隔壁のある胞子は見当たらなかった。) Zhuang は仮に("tentatively")これを Lambertella 属に置いている。

[参考文献]
Zhuang (1995): A new species of Lambertella with peculiar ascospores. (Mycotaxon ; 56, p. 41-43).

[初掲載: 2009.08.05]