Lembosia quercicola

Lembosia quercicola

Lembosia quercicola Katumoto
コナラすす病菌。4月17日撮影。

[特徴]
コナラの葉の表面に黒褐色の菌叢が直径 3-5 mm. 程度の不正円形に薄く拡がるが、周囲との境界はやや不明瞭。 時に融合して大きな雲形状、あるいはほぼ葉面全面に及ぶ事もある。 菌糸は黒褐色、厚膜、隔壁があり径 3.0-3.8 μm. で放射状に分岐して広がるが立ち上がらない。 菌足は菌糸の側面に付着するような形で普通はまばらに対生する。楕円ないし豆形、褐色で厚膜。3.4-5.2 × 2.8-3.6 μm. -- 子嚢子座は表面、菌叢の中央付近に多く形成され、散在する。扁平な長楕円形あるいは楯形だが、Y字形や十字形になるものもある。 放射状に並ぶ厚膜黒褐色の菌糸からなり縁はやや裂片状、230-400 × 85-92 μm.。 頂部には特別な孔口等の構造は観察できず、成熟すると長軸方向に細く裂開して子嚢が露出する。-- 子嚢は卵形あるいは楕円形、二重壁で短い柄があり、先端付近はやや厚くなるが特別な構造は見られず、メルツァー試薬で呈色しない。8胞子を生じる。28.6-40.0 × 10.8-14.5 μm. -- 子嚢間には側糸様の糸状の細胞が見られる。-- 子嚢胞子は楕円形あるいは広紡錘形、平滑、初め無色、のち淡褐色。ほぼ中央に横隔壁があり2細胞、隔壁部はややくびれる。 先端側の細胞はやや丸くて太く、末端側の細胞はやや細い。各細胞にやや大型の油球を1-2個含む。11.6-14.3 × 4.0-4.6 μm.

[コメント]
コナラの落葉上に普通に発生している。クヌギ、アベマキ、クリの落葉にも見られる。子嚢胞子が成熟するのは越冬後、晩春頃の様である。

[参考文献]
Katumoto (1975): The Hemisphaeriales in Japan. (山口大学農学部学術報告 ; 26, p. 45-122)

[初掲載日: 2011.05.30. 最終更新日: 2015.05.15]