Leotia chlorocephala

Leotia chlorocephala

Leotia chlorocephala Schw.
 アオズキンタケ。10月10日撮影。

 [特徴]
 子実体は地上に弧生ないし群生する。全体暗緑色ないしウグイス色でゼラチン質。高さ数センチ程度。
 有柄で頭部は半球形状、拳状などで表面はほとんど平滑、径 1cm. 程度まで。
 柄は円筒形でやや淡色、表面に緑色の顆粒状物をまばらにつける。
 子嚢は棍棒形、8 胞子を初め一列に生じるが後には 2列になって先に固まる。頂孔は I-。150-180 × 11.0-12.0 μm.
 側糸は糸状で径 2.0-2.5 μm. 先端は 4.0-5.0 1μm. までに膨らんで淡緑色、やや厚膜に見える。
 子嚢胞子は紡錘形でやや弓形に曲がる。無色平滑。無隔壁で数個の油球が一列に並ぶ。16.3-22.5 × 5.2-6.0 μm.

 秋に広葉樹林内地上に普通に発生するが京都付近ではズキンタケよりは少ないと思う。

 [参考文献]
 今関、本郷(1989): 原色日本新菌類図鑑(II)