Mollisia sp. no.1

Mollisia sp. no.1

Mollisia sp. no.1.
落葉の葉脈上に生じる小型菌。5月12日撮影。

[特徴]
春に落葉の葉脈や葉柄に群生する。 平たい皿状からやや凸形になる。直径 1-1.5 mm.、子実層面はやや灰色を帯びた乳白色。柄は無くやや広く基質に固着する。肉質は軟らかい。 外面は平滑でやや濃色、基部付近は褐色を帯びるがスビクルムは認められない。-- 子嚢は棍棒状、先端はやや尖り頂孔はメルツァー液で青変しやや幅広い点状に見える。8胞子をほぼ2列に生じる。40-43 × 4.0-4.6 μm. -- 側糸は糸状、ほぼ上下同幅で先端は丸い。基部に隔壁があり、一様な無色の内容物がある。径 2-3 μm. -- 子嚢胞子は長卵形でやや左右不対称、無色薄壁、目だった内容物は見られない。4.0-5.2 × 1.4-1.7 μm. -- 托髄層は無色薄壁の球形細胞が混じる絡み合い菌組織、外皮層は丸みを帯びた数層の多角形細胞よりなる。 細胞の直径は 15 μm. 程度まで、最外層の細胞はやや褐色を帯びる。

[コメント]
落葉の主に裏面主脈と葉柄上に発生するが表面主脈上にも発生する事がある。たぶん Mollisia 属だと思う。 写真はホオノキの落葉に発生したものだが、肉眼的にも顕微鏡的にもほとんど区別できないものがフジの葉柄にも発生する。 両者は別種かもしれないが広葉樹落葉の葉柄や葉軸上のものとしてまとめておく。

[別図2] 5月16日撮影。ホオノキ落葉に発生したもの。
[別図3] 5月11日撮影。フジの葉柄に発生したもの。ホオノキ落葉上のものと肉眼的には区別できない。 顕微鏡的な特徴も良く似ている。子嚢は 37-43 × 5.0-6.0 μm.、子嚢胞子は 4.2-5.2 × 2.0-2.4 μm.

[初掲載: 2004.06.25; 最終更新: 2009.05.07]