Ophiognomonia alni-viridis

Ophiognomonia alniviridis

Ophiognomonia alni-viridis (Podlahova et Svrček) Sogonov.
オフィオグノモニア属菌。5月12日撮影。

[特徴]
子嚢殻は落葉の葉柄から主脈の基部付近(裏面側)にかけての表皮下に埋没して生じる。 ほぼ黒色で平滑、やや扁平な球状、直径 450 μm. × 高さ 320 μm. 程度まで。 上部から細円筒状の頚部が伸びて表皮を破って突出し、肉眼では剛毛状に見える。 頚部は長さ 1 mm. に達し、基部付近で直径 50 μm. 程度、先端に向ってやや細くなり、ほぼ直線的。-- 子嚢は多数、遊離して子嚢殻内に充満する。広紡錘形、薄壁、先端は丸く乳頭状に突出して肥厚し、メルツァー液で呈色しない小さな先端リングがある。 基部は急に細くなって尾状になる。8胞子を生じる。37-40 × 8.0-9.2 μm. -- 側糸らしいものは認められない。-- 子嚢胞子は細い楕円形で時にやや湾曲し左右不対称。無色、平滑、両端は丸く、ほぼ中央に隔壁があり2細胞。隔壁部はややくびれる。 各細胞の両端近くには小さな油球がある。11.4-12.0 × 2.2-2.5 μm.。子嚢胞子両端には無色鞭状の付属糸がある。直線的で長さ 6 μm. に達する。

[コメント]
オオバヤシャブシ (Alnus sieboldiana) の落葉葉柄上に発生していた物。Gnomonia alni-viridis Podlahova et Svrček の特徴に良く一致すると思う。 Sogonov 等によって Ophiognomonia 属に移されている。

[参考文献]
Monod (1983): Monographie taxonomique des Gnomoniaceae. (Beiheft zur Sydowia ; 9, p. 1-315).
Sogonov et al. (2008): Leaf-inhabiting genera of the Gnomoniaceae, Diaporthales. (Studies in mycology ; 62, p. 1-79).

[初掲載日: 2012.06.08]