Peziza badia

Peziza badia

Peziza badia Pers.
 クリイロチャワンタケ。9月14日撮影。

 [特徴]
 子嚢版は椀形から浅い皿形に開き直径8cm. 程度にまでなる。やや不正形で縁は波うち、ほぼ全縁。
 子実層面はほぼ平滑で栗褐色ないし紫褐色。外面はやや明色でほとんど平滑ないし粉状。縁近くでは若干フケ状。
 ほとんど無柄で肉は薄い。
 子嚢は円筒形、8胞子を一列に生じる。先端は I+。300-340 × 16.0-18.6 μm.
 側糸は糸状、隔壁がある。ほとんど無色。径 4.0-5.0 μm. 先端は膨らんで 7.0-9.0 μm. までになる。
 子嚢胞子は楕円形。15.6-16.4 × 8.0-8.6 μm.
 2油球があるが成熟胞子ではやや不明瞭(1油球の場合もある。2油球の場合でも一方が大きい事が多い。)
 表面には脈状ないし不完全な網目模様状の突起があり、コットンブルーに良く染まる。高さは 1.0 μm. 以下。
 托組織は明瞭な層構造にはならず、ソーセージ形や球形の細胞が目立つ。

 秋に広葉樹林内の地上に発生し、群生していることも多い。
 胞子の不完全な網目状模様は特徴的で P. badia としていいと思うが上記計測値は図鑑類にある値より少し小さい。
 :もっと子実層面の赤みが強く外面が粗いものもあり、近似種を混同しているのかもしれない。
 各地の図鑑にも比較的良く掲載されていて、普通種とされるが京都近郊では案外少ない。

 [参考文献]
 Breitenbach and Kränzlin (1984): Fungi of Switzerland. vol. 1.
 Dennis (1981): British Ascomycetes. Rev. ed.