Peziza badioconfusa

Peziza badioconfusa

Peziza badioconfusa Korf
 春に地上や朽木上に生える大型のチャワンタケ。4月24日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は深い椀形からやや平らに開き、群生すると歪んで縁は緩やかな波型になる事も多い。
 大型で直径 4-10 cm. までになる。
 子実層面は赤紫褐色、普通平滑だが成熟したものは中央付近が皺状になる。
 外面は微粉状でやや白っぽいが濃色のフケ状の鱗片があり、周辺部ではより大型で顕著。
 ほとんど柄は無いが基部付近には白っぽい菌糸がある。肉は比較的薄く脆い。
 子嚢は円筒形、8胞子を一列に生じる。先端は I+。280-360 × 13.2-16.0 μm.
 側糸は糸状、隔壁があり、ほとんど無色。径 4-5 μm. で先端はほとんど膨らまないが時にマッチ棒状になる。
 先端近くで短い分岐を出すものがある。
 子嚢胞子は楕円形、成熟した胞子はやや黄褐色、顕著な油球は見られないが2個の核様の内容物がある。
 表面は疣状、疣は丸く両端以外はほぼ均一に分布する。短径片面に 10 個程度認められる。
 両端の疣は融合して皿を伏せたように盛り上がるので、両端はやや平らになる。疣を除いて 18.0-19.2 × 8.2-8.9 μm.
 托組織は中央付近に絡み合い菌組織があり、層構造が見られる。
 この絡み合い菌組織の部分は柔らかく、そこで上下2枚にはがれやすい。

 京都付近で見られるチャワンタケの中では最も大型なものの一つ。
 流水の近くなどの湿った朽木上や朽木に接した地上などに単生ないし群生する。
 似た種類が多いようだが胞子両端がやや平たくなるのは特徴的だと思う。

 [参考文献]
 Donadini (1979): Le genre Peziza Linn. per St Amans (groupe de Peziza badia). (Documents mycologiques ; 10, p. 49-60)
 Elliott and Kaufert (1974): Peziza badia and Peziza badio-confusa. (Canadian journal of botany ; 52, p. 467-472)
 Tylutki (1993): Mushrooms of Idaho and the Pacific Northwest. vol. 1. Discomycetes.