Pithya cupressina

Pithya cupressina

Pithya cupressina (Batsch. ex Pers.) Fuckel
 イブキアカツブエダカレキン。10月10日撮影。

 [特徴]
 イブキ (Juniperus chinensis L.) の枯れた鱗片葉に発生する。
 子嚢盤はほとんど無柄、やや肉厚の浅い椀状ないし皿状で径 1-2.5 mm. 比較的肉厚で質は丈夫。
 子実層面は淡紅色ないし淡橙色。外面は白っぽくて平滑。
 子嚢は長円筒形で厚膜、8胞子を一列に生じる。208-235 × 12.0-14.2 μm.
 側糸は糸状、隔壁がある。径 2.0 μm. 程度。先端は膨らんで 5.0 μm. までになり無色の泡状物を含む。
 子嚢胞子はほとんど球形、無色薄壁、平滑。少数の油球を含む。径 10.0-11.8 μm.

 イブキの樹上に付いたままの枯枝や落枝上に少数が群生する。
 京都付近では野生のイブキはないようだが社寺や民家の庭木や生垣として多く使われており
 手入れの行き届いてない場所では市街地でも良く発生している。
 子嚢胞子の大きさは 10 μm. 内外とする文献が多く、大谷の 5.5-8 μm. という数値はかなり小さめだと思う。

 [参考文献]
 Dennis (1981): British Ascomycetes. Rev. ed.
 大谷 (1980): 日本産ベニチャワンタケ亜目. (Trans. Mycol. Soc. Japan ; 21, p. 149-179)