Proliferodiscus sp. no.1

Proliferodiscus sp. no.1

Proliferodiscus sp. no.1.
プロリフェロディスクス属菌。12月6日撮影。

[特徴]
子実体は群生する。幼時は球形、後に椀形に開くが平らになるものは少ない。径 0.5-1.2 mm. 程度。 子実層面はややベージュがかった淡黄色、縁は内屈し外面にはほぼ白色あるいはやや青みを帯びた灰色の毛が密に生じる。柄は短く、同様の毛に覆われる。 若い子実体の基部付近には白色のスビクルム様の菌糸が伸びるが、後には無くなる。 子実層面からさらに小さな子実体が生じることがある。-- 子嚢は棍棒状、8胞子をやや不規則な2列に生じる。先端は丸く、頂孔はメルツァー液で呈色しない。31-42 × 4.8-5.0 μm. -- 側糸は糸状、無色、上下同幅で径 1.0 μm. 程度、基部付近で分岐し子嚢よりやや突出する。隔壁は認めにくい。-- 子嚢胞子は楕円形、やや左右不対称、無色、顕著な内容物は見られない。3.4-5.5 × 1.7-2.0 μm. -- 托髄層はほぼ無色の絡み合い菌組織、外被層は平行な菌糸からなりややゼラチン化しているように見える。僅かに褐色を帯び、メルツァー液で赤褐色に呈色する。-- 外面の毛は表面から生じ、やや厚膜、ほぼ無色ないし淡褐色、先端は丸く時にわずかに膨らみ少数の隔壁がある。 全体に無色の顆粒状結晶をつける。30-70 × 3.0-4.5 μm.

[コメント]
地上の落枝に発生していたもの。樹種は不明だがかなり硬い。何度か採集しているが全て晩秋から冬にかけてである。 子実層面から時に小さな子実体が生じるがすべて未熟な幼菌状で子実層はほとんど発達しないようだ。 Proliferodiscus pulveraceus (Alb. et Schw.: Fr.) Baral だろうか。

[参考文献]
Spooner (1987): Helotiales of Australasia. (Bibiotheca mycologica ; Bd. 116).

[初掲載: 2009.07.06]