Pyrenopeziza petiolaris

Pyrenopeziza petiolaris

Pyrenopeziza petiolaris (Alb. et Schw.: Fr.) Nannf.
ピレノペジザ属菌。5月4日撮影。

[特徴]
落葉葉柄上に散生する。子嚢盤は初め表皮下に生じ、後に表皮を破って表面に現れる。 葉柄の軸に沿った方向が長い楕円形、長径 0.3-0.8 mm.、子実層面は濃灰色、縁は全縁、外面は大半が寄主の表皮下に隠れているが、無毛で黒褐色に見える。 柄は無く、広く基質に固着する。-- 子嚢は棍棒形、先端は肥厚し、頂孔はメルツァー試薬で青変する。8胞子をほぼ一列に生じる(後には部分的に2列になる)。58-64 × 4.0-5.2 μm. -- 側糸は糸状、径 1.0-1.5 μm.、基部付近で分岐し隔壁があり、先端はやや膨らんで 3.5 μm. までになる。 上半に無色の泡状内容物があり、先端には時に黒褐色の粒状付着物がある。-- 子嚢胞子は長楕円形、無色薄壁、平滑、目立った内容物は無い、あるいは微小な油球を少量含む。7.1-8.6 × 1.7-2.5 μm. -- 托外皮層は淡褐色の矩形細胞よりなる。15-20 × 8-10 μm. 程度、やや大きめの油球を含むものが多く、最外層の細胞はやや厚膜で褐色になる。 子嚢盤基部付近からは淡褐色の菌糸が寄主組織中に入り込む。直径 3-4 μm.、表面には所々に褐色の顆粒状物質が付着する。

[コメント]
ウリハダカエデ (Acer rufinerve Sieb. et Zucc.) の落葉葉柄部に発生していた物。 未熟な状態では Lophodermium 属に似た外観をしている。目立たないが普通種の様である。

[参考文献]
Hütter (1958): Untersuchungen über die Gattung Pyrenopeziza Fuck. (Phytopathologische Zeitschrift ; 33(1), p. 1-54).

[初掲載日: 2015.05.18]