Pyrenopeziza sp. no.1

sp. no.1

sp. no.1

Pyrenopeziza sp. no.1.
ピレノペジザ属菌。4月29日撮影(上)、5月4日撮影(下)。

[特徴]
葉柄(葉軸)上に群生する。子嚢盤は初め表皮下に生じ、後に表皮を破って表面に現れる。椀状から開いて皿状になり、葉柄の縦方向がわずかに長いものが多い。 径 0.3-0.6 mm.、子実層面は灰褐色、縁は僅かに鋸歯状、外面は黒褐色、ほぼ平滑。柄は無い。-- 子嚢は棍棒形、先端は肥厚し、頂孔はメルツァー試薬で小さく青変する。8胞子をほぼ2列に生じる。60-62 × 4.5-5.2 μm. -- 側糸は糸状、径 1.0 μm. 程度、基部付近には隔壁があり、先端は急に膨らんで棍棒状、径 3.4-4.0 μm. までになる。内容物はほぼ一様で無色。-- 子嚢胞子は長楕円形ないし紡錘形、無色薄壁、平滑、目立った内容物は無いが、時に両極に小さな油球を含むものがある。8.5-11.5 × 1.8-2.3 μm. -- 子実層底部は淡褐色の多角形細胞からなり、その径は 6.5-12 μm.、托外皮層は 10-15 × 6-10 μm. 程度の淡褐色の矩形細胞よりなる。 縁付近では細胞は次第に細長くなってやや厚膜、子嚢盤縁部は子実層面から 30 μm. 程立ち上がる。先端付近や外面には黄褐色の結晶状物質がまばらに付着する。 子嚢盤周辺の寄主組織中には径 3.4-7.2 μm. の黒褐色の菌糸がまばらに走る。やや厚膜、隔壁があり各細胞には褐色の油球が少量含まれる。

[コメント]
地上に落下したフジ (Wisteria floribunda) の葉柄に発生していた物。春に比較的普通に見られる。 子嚢盤付近の葉柄表面は黒ずんで見えるが、組織中の黒褐色の菌糸に拠るものだろう。 マメ科植物に生じる Pyrenopeziza 属菌に P. compressula Rehm があり、特徴は良く似ているが側糸先端はこれほど膨大しない種のようである。

[参考文献]
Hütter (1958): Untersuchungen über die Gattung Pyrenopeziza Fuck. (Phytopathologische Zeitschrift ; 33(1), p. 1-54).

[初掲載日: 2016.06.24]