Rhytisma ilicis-pedunculosae

Rhytisma ilicis-pedunculosae

Rhytisma ilicis-pedunculosae Y. Suto.
ソヨゴの黒紋病菌。4月24日撮影。

[特徴]
子座は葉上に形成され黒い斑点状になる。直径 2 mm. 程度で不正円形あるいは楕円形。子座周辺の寄主組織はわずかに退色する。 葉表側は黒色で平滑、つやがある。裏面側は黒褐色、瘡蓋状に盛り上がり表面はやや粗造で硬い。 越冬後、春に枝についたままの葉上(時に落葉上)で成熟する。 成熟した子座は裏面側に一ないし数片の亀甲状のひび割れを生じ、湿ると裂開して子実層が現れる。 子実層は淡灰色、わずかに赤味あるいは黄色味を帯びて見える。-- 子嚢は棍棒状で下半は長く尾状に伸びる。先端は平たく、やや肥厚し頂孔はメルツァー液で青変しない。8胞子を不規則な束状に生じる。230-250 × 11.0-15.8 μm. -- 側糸は糸状、無色で隔壁があり径 1.6-2.2 μm.、先端付近は屈曲し時に分岐する。先端はやや膨らんで 3.0 μm. 程度になる。-- 子嚢胞子は長スプーン形、全長 38.0-48.8 μm.、頭部はやや下膨れの紡錘形、全長の約 1/3 で径 5.2-5.6 μm.、 尾部は最狭部で 1.5 μm. 程度だが末端はやや膨らんで 2.5 μm. 程度になる。

[コメント]
ソヨゴ (Ilex pedunculosa) の葉に発生し、公園等に植栽されたソヨゴにもよく見られる。 黒い瘡蓋状の子座はほぼ年中見られるが子嚢が成熟するのは春から初夏にかけてである。 タラヨウ等に寄生するものは別種であることが明らかになった。

[別図2] 乾いている状態。4月7日撮影。
[別図3] 湿って子実層が膨らんだ状態。4月8日撮影。

[参考文献]
Suto (2009): Three ascomycetes on leaves of evergreen Ilex trees from Japan: Rhytisma ilicis-integrae sp. nov., R. ilicis-latifoliae, and R. ilicis-pedunculosae sp. nov. (Mycoscience ; 50, p. 357-368).

[初掲載日: 2005.05.09, 最終更新日: 2012.11.21]