Roussoellopsis tosaensis

Roussoellopsis tosaensis

Roussoellopsis tosaensis (Hino et Katumoto) Hino et Katumoto
ルッソエロプシス トサエンシス。5月16日撮影。

[特徴]
子座は表皮下に生じてドーム型に盛り上がり、楕円形ないし長円形、長さ 1-4 mm.。 偽子嚢殻は子座中に単生あるいは数個が1列から3列に並んで発生する。 黒色、炭質、やや縦長で平たい楕円形、600 × 420 μm. 程度まで、上面中央に不明瞭な孔口がある。 成熟すると、表皮が裂けて孔口がわずかに突出するように見える。-- 子嚢は円筒形、厚膜、頂孔は盲管状、メルツァー試薬に呈色しない。140-185 × 20-23 μm.、8胞子をほぼ一列に生じる。-- 偽側糸は糸状、子嚢よりも長く、径 1-2 μm. -- 子嚢胞子は広紡錘形、左右非対称、両端はやや丸みを帯びる。褐色、やや厚膜。中央よりやや下方に隔壁があり2細胞、隔壁部は括れる。 36.5-45.7 × 12.0-14.9 μm.。各細胞に大きな油球が一つと、少数の小さな油球がある。表面は細かい縦皺があり、片面で10本ほど、 分岐や吻合があり、所々で不完全な網状になる。

[コメント]
地上の細いササ類の枯桿に発生していたもの。 寄主は Hino and Katumoto (1955) の原記載 (Didymosphaeria tosaensis Hino et Katumoto) では Sasa veitchii = クマザサとなっているが Hino and Katumoto (1965) では Shibataea kumasaca = オカメザサとされている。 採集データが同じ (Koti Prov. Tosa, May 15, 1955, I. Hino) なのでオカメザサに同定修正されたのだろう。 ササ類の区別が難しくて良くわからないのだが、京都産の寄主はこのどちらでもないことは確かで、 おそらくケネザサ Pleioblastus fortunei f. pubescens だろうと思われる。 Roussoellopsis 属は Hino and Katumoto (1965) で子嚢が "bitunicate" であることから、 「unitunicate の子嚢を有する Roussoella 属とは明らかに区別される」として新属とされたが、 Roussoella 属の子嚢は Hyde (1997) に拠れば bitunicate とされている。

[参考文献]
Hino and Katumoto (1955): Illustrationes fungorum bambusicolorum III. (山口大学農学部学術報告 ; 6, p. 29-68).
Hino and Katumoto (1965): Notes on bambusicolous fungi (1). (Journal of Japanese botany ; 40(3), p. 81-89).
Hyde (1997): The genus Roussoëlla, including two new species from palms in Cuyabeno, Ecuador. (Mycological research ; 105(5), p. 609-616).

[初掲載日: 2015.06.04]