Tarzetta catinus

Tarzetta catinus

Tarzetta catinus (Holmsk.) Korf et Rogers
 地上生中型のチャワンタケ類。9月14日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は深い椀形、直径 1-2 cm. ほとんど無柄もしくは短く太い柄が地中に入る。肉厚は薄いが質はかなり丈夫。
 子実層面は平滑で乳白色ないしクリーム色。縁は鋸歯状になる。外面は短い絨毛状のざらついた感じでほぼ同色。
 子嚢は円筒形、8胞子を一列に生じる。ヨード反応は無く下半は細くなってやや曲がりくねる。310-360 × 14.0-16.5 μm.
 側糸は糸状、隔壁があり分岐する。径 3 μm. 程度。先端はやや太くなり 4.5 μm. 程度になる。
 子嚢胞子は楕円形。無色薄壁で表面は平滑。2油球を含む。19.7-21.5 × 11.4-12.0 μm.

 広葉樹林内の地上に散生するが京都近郊では比較的出会う機会の少ない種である。

 [参考文献]
 Breitenbach and Kränzlin (1984): Fungi of Switzerland. vol. 1.
 Dennis (1981): British Ascomycetes. Rev. ed.