Trichopeziza sulphurea

Trichopeziza sulphurea

Trichopeziza sulphurea (Pers.: Fr.) Fuckel
 イラクサ類の枯茎に発生する小型のビョウタケ類。
 写真はおそらく コアカソ(Boehmeria spicata Thunb.) の枯茎と思われる。9月25日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は枯茎上に群生ないし散生し、初め浅い椀形、後にはほとんど平らな盤状に開き無柄で基質に固着する。
 直径 0.7-1.5 mm. 子実層面は淡い灰色で外面は黄色の毛に覆われ、縁毛はかなり長くなる。
 子嚢は先がややとがる円筒形、8胞子性、頂孔は I+ (小さい点状)。78-100 × 8-10 μm.
 側糸は太針状で子嚢より 5-12 μm. 程突出する。無色薄壁。隔壁は基部以外には無い。90-116 × 3-5 μm.
 子嚢胞子は長円筒形ないし弓形。無色薄壁で内容は泡状。24-30 × 2.4-3.0 μm.
 外面の毛は表面細胞から生じる。むしろ薄壁で隔壁がある。淡黄色で先端は丸い。
 毛のほぼ全長に亘って黄色の不定形結晶様物質をつける。70-145 × 2.5-3.0 (先端付近)/4.0-7.0 (基部付近) μm.

 秋頃、路傍の枯茎に発生しているのをよく見かける。
 Breitenbach and Kränzlin(1984) 等には成熟胞子は不明瞭な隔壁があるとされるが確認しづらい。

 [参考文献]
 Breitenbach and Kränzlin(1984): Fungi of Switzerland. vol. 1. Ascomycetes.
 Dennis(1981): British Ascomycetes. Rev. ed.