? sp. no.28

? sp. no.28

? sp. no.28.
よくわからないキンカクキン類。3月29日撮影。

[特徴]
子嚢盤は地中の菌核から単生する。椀形からほぼ平らなビョウ形になる。子実層面は平滑、淡褐色からほとんど乳白色。 縁は全縁、外面は無毛、ほぼ同色。直径 1.5-3.5 mm. 柄はやや茶褐色、ほぼ無毛、直径 0.2-0.4 mm. 程度、 やや曲がりくねりながら地中に入り菌核につながり、長いものは 20 mm. を超える。-- 子嚢は円筒形、8胞子を1列に生じるが後にはほぼ2列になる。先端は肥厚し頂孔はメルツァー液で青変する。 102-115 × 8.2-8.6 μm. -- 側糸は糸状、無色、隔壁がある。少なくとも基部以外では分岐は見られない。直径 1 μm. 程度、先端は次第に膨らんで 2 μm. 程度になる。-- 子嚢胞子は紡錘形、両端はやや尖る。無色、平滑。油球は見られないが、両端付近に泡状の内容物が少量ある。 14.8-17.2 × 4.5-5.2 μm. -- 托髄質は絡み合い菌組織、ほぼ無色の直径 10 μm. までの菌糸よりなる。外皮層は厚さ 100 μm. 程度、ほぼ無色で直径 16-50 μm. の球形細胞よりなる。 ゼラチン化している部分は無い。-- 菌核はやや扁平な球形、外面は黒褐色。直径 1 mm. 程度。

[コメント]
春にヒサカキ(Eurya japonica)の樹下で見つかる。 関係は確実ではないが、ヒサカキの開花期と一致すること、ヒサカキの花軸と思われる物に付着した菌核があること(別図2の右から5個目)から、 おそらくヒサカキの花か果実を寄主としているのだと思う。 ヒサカキは不完全な雌雄異株性で混生するが雄株と雌株のどちらの樹下でも見つかるので子房に感染するのではないのかもしれない。 菌核は子実体が発生した物ではすでに内容物が崩れていて組織構造を調べる事ができず、植物組織が菌核化したものか遊離菌核なのかも判別できなかった。

[別図2] 取り出して並べた物。3月29日撮影。

[初掲載日: 2010.04.28]