? sp. no.7

? sp. no.7

? sp. no.7
 クヌギの樹皮上に発生する小型のビョウタケ類。3月29日撮影。

 [特徴]
 子嚢盤は数個ないし十数個が群生することが多い。椀形から平らに開いて皿状になる。直径 2 mm. 以下。
 子実層面は茶褐色から灰褐色。外面は赤褐色から茶褐色でルーペでは粉状ないしちりめん状に見える。柄はほとんど無い。
 乾燥して縮んだものも吸湿すると元に戻る。質はやや硬く、非常に薄い。
 子嚢は棍棒形、8胞子を2列に生じる。頂孔は I-。34-46 × 4.2-5.8 μm.
 側糸は糸状で無色、ほぼ上下同幅、径 1.0 μm. 程度。
 子嚢胞子は桿菌状、やや曲がってソーセージ形になるものも多い。無色薄壁で 2油球を含む。3.4-5.8 × 1.0-1.7 μm.
 托外皮層はやや褐色厚膜の球形細胞の層よりなる。

 クヌギの大木の樹皮上に群生するが、地上 50 cm. あたりから上、目の届くところまでは発生が認められる。
 Encoelia 属だろうか。