Whalleya microplaca

Whalleya microplaca

Whalleya microplaca (Berk. et Curt.) Rogers, Ju et San Martin.
クスノアザコブタケ。11月23日撮影。

[特徴]
子座は薄い盤状、樹皮を破出して現れる。不正円形や長円形などで普通は径 3-8 mm. 程度、時に融合して不定形に広がり、1 cm. を超える。 厚さは 0.5 mm. 以下でかなり脆い。表面は黒色、つやは無く、子嚢殻の孔口部は小さく凹む。子座内部は白っぽい。-- 子嚢殻は子座中に一層に並び、球形から広楕円形、径 250-290 μm. -- 子嚢は長円筒形で下半は細く伸びる。先端リングはメルツァー液で青変する。8胞子をほぼ1列に生じる。71-80 × 3.4-4.6 μm. -- 側糸らしい物は観察できなかった。-- 子嚢胞子は楕円形、左右不対称、褐色平滑。顕著な内容物は認められない。 膨らんだ側に全長の 3/4 程度の直線状の発芽スリットがある。4.0-5.8 × 2.0-2.3 μm.

[コメント]
クスノキ(Cinnamomum camphora)の落枝に発生していた物。クスノキの生えている所ではよく見つかる。

[参考文献]
Katumoto (1978): Notes on some Hypoxylon species from Japan (1). (山口大学農学部学術報告 ; 29号, p. 47-64).
Rogers, Ju and San Martin (1997): Jumillera and Whalleya, new genera segregated from Biscogniauxia. (Mycotaxon ; 44, p. 39-50).

[初掲載日: 2011.04.28]