Xylaria liquidambar

Xylaria liquidambar

Xylaria liquidambar Rogers, Ju et San Martín
フウの実から生じるクロサイワイタケ類。9月9日撮影。

[特徴]
子実体はフウの実から数本ないしそれ以上が発生する。成長中の子実体は曲がりくねったひも状で、先端は尖り橙色を帯びる。 全体がほぼ黒褐色の細柱状で普通は分岐しないが、下方で分岐するものや逆に融合するものもある。 高さ 3-10 cm.、上半 1/3 から 1/2 が稔実部で子嚢核が生じるが、先端には細い針状の不稔部があるものが多い。 稔実部はやや太く、径 2-5 mm. で表面は細かい縦皺があり子嚢核の先端が点状に突出する。 柄はやや細く径 1-3 mm. 程度。表面は皺状で無毛だが、基部付近は比較的太くなり、黒い粗毛がある。 内実は白くやや硬い肉質、中心にはやや褐色の髄のようなものがある事が多い。-- 子嚢核はほぼ球形で埋生、先端がわずかに突出する。径 250 μm. 程度。-- 子嚢は円筒形、8 胞子を一列に生じる。先端にはヨードで青変する比較的大型の栓状の構造がある。130-190 × 5-6.5 μm. -- 胞子は両端のやや丸い紡錘形で不対称、黒褐色で平滑。未熟な胞子には 1 ないし 2 個の油球がある。11.8-15.0 × 4.0-5.5 μm. 側面の平らな側に、右上から左下に走る斜め S 字状の発芽スリットがある。-- 成長中の若い子実体は上半表面に灰色粉状の分生子を密につける。分生子は無色薄壁、楕円形ないしリンゴの種子状、6.0-8.0 × 3.1-3.8 μm.

[コメント]
地上に落ちたフウ (Liquidambar formosana) の古い果実から発生し、分生子は初夏頃から見られるが子嚢核は夏から秋にかけて成熟する。 私が観察している某植物園のフウはかなり大木で、樹下が攪乱されないので非常に多くの子実体が毎年発生する。 寄主はフウ属に限られるようだが、日本には現在自生しておらず(原色日本植物図鑑木本編IIには「中新世から鮮新世に遺体が出るが、現在までに絶滅した」とある) 江戸時代に中国から伝来したという事なので、このキノコはフウと共に持ち込まれた帰化菌類なのかもしれない。

[別図2] 表面に分生子をつけた若い子実体。6月12日撮影。

[参考文献]
Rogers, San Martín and Ju (2002): A reassessment of the Xylaria on Liquidambar fruits and two new taxa on Magnolia fruits. (Sydowia ; 54(1), p. 91-97)

[初掲載: 2005.12.26; 最終更新: 2007.10.22]